メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
大元古墳群1号墳

後円部から埴輪列発見 大和朝廷と関係か 益田市教委 /島根

発掘調査で見つかった埴輪列=島根県益田市遠田町で、横井信洋撮影

 益田市教委は19日、県内で2番目に大きい前方後円墳とされる「大元古墳群1号墳」(益田市遠田町、全長88メートル)で、石室がある後円部から埴輪(はにわ)列が見つかったと発表した。埴輪の年代で4世紀末から5世紀初めと考えられていた1号墳の築造時期が確認できたという。埴輪は畿内の先進技術で作られており、当時の益田を治めていた首長が大和朝廷と密接な関係があったこともうかがわれるという。

 埴輪列は後円部東側の墳頂付近の発掘調査で見つかった。幅2メートルの範囲に約65センチ間隔で3列あり…

この記事は有料記事です。

残り478文字(全文719文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 清掃車とタクシー衝突、歩行者巻き込む 男性客死亡6人重軽傷 京都市

  2. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  3. 玉木雄一郎「新しい政治」 れいわ伸長は既成政党への警告

  4. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  5. 「エアドロップ痴漢」容疑、37歳男を書類送検 福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです