メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

企画展

刊行50年で「遠藤周作『沈黙』と長崎」 手書き草稿や写真パネルなど 長崎・文学館 /長崎

「沈黙」を解説したパネルが並ぶ企画展の会場

 長崎を舞台にした作品を数多く残した作家・遠藤周作(1923〜96年)の没後20年と代表作「沈黙」の刊行50年を記念した企画展「刊行から50年−遠藤周作『沈黙』と長崎」が長崎市東出津町の市遠藤周作文学館で開かれている。「沈黙」の手書きの草稿などを展示。来年には「沈黙」を原作に米国人監督が映画化した作品が公開される予定で、同館には海外からもファンが訪れている。

 企画展では、手書きの草稿の他、作品の舞台となった同市外海地区を遠藤が訪れた時の写真や研究者が遠藤に送った書簡などを展示。作中のシーンを紹介したパネルに、舞台「トモギ村」のモデルとなった外海地区の黒崎村(当時)で撮影した写真を添え、物語を追体験できるようにもしている。

この記事は有料記事です。

残り572文字(全文886文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに5759人の感染確認 重症者972人、14日連続で過去最多

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 阪神大震災 命救う、今こそ 犠牲乳児抱いた中2の30分、看護師原点

  4. 菅首相、異例のステイホーム 就任後初めて宿舎から外出せず

  5. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです