メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

政策チェック

16年米大統領選/7 中東対応 明確な青写真描けず

 「中東がめちゃくちゃになったのは、かなりの部分で、国務長官だったあなたのせいだ」(共和党のドナルド・トランプ候補)

 「あなたは『秘密の計画』があると言うが、何も具体策がない点こそが秘密なのだろう」(民主党のヒラリー・クリントン候補)

 テレビ討論会で両候補は、過激派組織「イスラム国」(IS)対策や内戦下のシリア情勢への対応など中東政策で激論を交わす。だが、いずれの発言からも中東安定化への青写真は見えてこない。

 クリントン氏が柱に据えているのは、IS幹部を標的にした空爆の強化やシリア反体制派への支援継続などだ…

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文587文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 堀江「相手が強くてかなわなかった」 ラグビーW杯 日本4強ならず

  4. 「日本はこれから強くなる」リーチ主将 ラグビーW杯 日本4強ならず

  5. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです