メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

豊葦原の瑞穂の国=第一生命経済研究所特別顧問・松元崇

 金融学会が高橋是清のセッションをやるというので資料を整理していたところ、高橋が農業について述べていたものを見つけた。農村振興の重要性について触れた上で、地域の工夫による農産物の適地適作の必要性などを述べていた。今日にも通じる提言を見つけて、なんだかうれしくなった。大蔵省(当時)の主計局時代、農林水産予算を7年間も担当していたころのことを思い出したからである。

 実は、我が国くらい農業に適した国は少ない。世界のほとんどの地域では農業は環境破壊的である。農業のた…

この記事は有料記事です。

残り489文字(全文720文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  5. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです