メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秩父宮ラグビー場

19年まで使用 W杯終了後、解体

19年11月までの使用が決まった秩父宮ラグビー場

 日本ラグビー協会は19日、2020年東京五輪・パラリンピックの開催に伴い、建て替えられる秩父宮ラグビー場(東京都港区)が19年11月のラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会の終了時まで使用できる見通しになったことを明らかにした。ラグビー場を運営する日本スポーツ振興センター(JSC)から連絡があった。

 秩父宮ラグビー場はW杯の試合会場ではないが、大会中は練習場などに活用される予定。W杯後に解体され、東京五輪・パラリンピック組織委員会は五輪期間中に駐車場などとして利用する計画をしている。五輪後は隣接する神宮球場に代わる新球場を秩父宮ラグビー場の跡地に建設し、完成後、神宮球場の跡地に新たなラグビー場を整備する計画だ。

この記事は有料記事です。

残り96文字(全文407文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪で新たに151人コロナ感染 重症者は70人で過去最多

  2. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

  3. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  4. 「次期総裁は岸田氏か石破氏」 小泉純一郎元首相と山崎拓氏が一致

  5. 靖国参拝の小泉進次郎氏「大臣になってもちゅうちょなかった」 4閣僚が参拝

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです