メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
秩父宮ラグビー場

19年まで使用 W杯終了後、解体

19年11月までの使用が決まった秩父宮ラグビー場

 日本ラグビー協会は19日、2020年東京五輪・パラリンピックの開催に伴い、建て替えられる秩父宮ラグビー場(東京都港区)が19年11月のラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会の終了時まで使用できる見通しになったことを明らかにした。ラグビー場を運営する日本スポーツ振興センター(JSC)から連絡があった。

 秩父宮ラグビー場はW杯の試合会場ではないが、大会中は練習場などに活用される予定。W杯後に解体され、…

この記事は有料記事です。

残り205文字(全文407文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡「長浜の屋台」がピンチ 廃業相次ぎ「さみしか」 中洲や天神と明暗分かれ

  2. 「最古のポルシェ」売れず 18億円申し出あったが…米競売

  3. 大坂が世界1位守る 女子テニス・世界ランキング

  4. 滑落死 沼津の男性が北岳で /静岡

  5. ガソリン詰め替え「法的規制難しい」 京都市、身元確認の効果検証 京アニ放火

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです