メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハンセン病

さっそうドレス、望郷を表現 元患者がショー

ランウエーを歩く槙ミヨさん(前列左)=東京都渋谷区で2016年10月19日午後5時32分、猪飼健史撮影

 ハンセン病をテーマにしたファッションショーが19日、東京都渋谷区の表参道ヒルズで開かれ、元患者の槙ミヨさん(83)がモデルとしてランウエーを歩いた。今も国立ハンセン病療養所「多磨全生園」(東京都東村山市)に入所している槙さんは、総レースの白いドレス姿で「故郷を追われた人々が再び故郷へ帰る時の思い」を表現し、フィナーレ…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文400文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. 死者増さらに加速か 4000人から5000人まで14日間 高齢者で死亡率高く

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ジャーナリズムを、聞きたい 菅家さんの冤罪証明し真犯人を追う 清水潔さん「潜在する危機伝えることこそ報道」

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです