西之島

初上陸…火山活動や生態系調査 東大地震研など

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 噴火で様相が一変した小笠原諸島の西之島(東京)に、東京大地震研究所などの研究チームが20日午前、噴火後初めて上陸した。今後、火山活動や生態系形成の様子を継続調査する。

 チームは、噴火の状況を調べるため岩石を採取するほか、地震計や空振計などを設置する。また、生物がほとんどいなくなった島に現在はどんな…

この記事は有料記事です。

残り198文字(全文348文字)

あわせて読みたい

注目の特集