メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

支援学級担任が「色気付きやがって」 生徒不登校に

 神戸市須磨区の市立中学校の30代の女性教諭が、担任していた特別支援学級の女子生徒2人に「色気付きやがって」などと不適切な発言を繰り返していたことが19日、市教委などへの取材で分かった。学校側は担任を交代させ、市教委は詳細な内容を調査している。

 関係者や市教委によると、女性教諭は今年4月から初めて特別支援学級の担任となった。1学期から連日、2〜3年生の女子生徒2人に「色気付きやがって」「おばさん」などと発言し、生徒の一人は7月から不登校になったという。

 保護者からの抗議で学校側と市教委が事態を把握。しかし、教諭は同月開いた保護者と生徒を交えた話し合いの場でも、差別的な表現を使ったという。教諭は一連の発言を認め、保護者に謝罪文を出した。学校側は担任を外して研修させる一方、校内で女子生徒と教諭が顔を合わさないような措置を取っている。

 中学校の教頭は「指導する中で問題のある言動があった。子供たちを傷つけて申し訳ない」と話した。【栗田亨】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 香取慎吾、シェフ姿で料理の腕前披露 『おじゃMAP!』SPで結婚式プロデュース
  2. 都議選 安倍首相、演説に苦心 支持率急落に稲田氏失言
  3. 福岡母子3人殺害 「夫婦仲良くなかった」容疑者が供述
  4. 犯罪被害者支援フォーラム 長女を3歳で失った清水さん「苦しくとも前に進む」 佐賀 /佐賀
  5. ことば 大崎事件

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]