メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・母校をたずねる

茨城県立竜ケ崎一高/8 厳しい練習、仲間が支えに 持丸修一さん /東京

持丸修一さん

 ◆高校野球指導者・持丸修一さん

1966年度卒

 現在は専修大学松戸高(千葉県松戸市)の硬式野球部監督を務める持丸修一さん(68)=1966年度卒=は、母校である竜ケ崎一高も含めて、監督として在籍した4校全てを甲子園に導いた名将だ。「高校野球は勝ち負けだけじゃない」と話す持丸さん。「思いやり、悔しさ、うれしさ、辛抱、自律−−。人間としての価値観を会得する場なんです」【根本太一】

 野球を始めたのは、実は「何となく」です。子どもの頃は、遊びといったら神社の境内で野球をするくらいで…

この記事は有料記事です。

残り2177文字(全文2416文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大きな虹 福岡の空に
  2. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  3. 支局長からの手紙 ゴリラからの警告 /京都
  4. 運慶作と伝わる帝釈天像内に木箱 X線調査で判明
  5. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです