メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森はな作品読書感想文コンクール

ふるさとの作家、身近に 入賞決まる 小学生が295点応募、市長賞に桑平さん 高砂 /兵庫

第1回森はな作品読書感想文コンクールの特別賞を選んだ審査会=兵庫県高砂市米田町米田の高砂市立図書館で、藤田宰司撮影

 高砂市などの小学校に教員として勤めた児童文学作家、森はなさん(1909〜89年)の作品にちなんだ「第1回森はな作品読書感想文コンクール」(毎日新聞姫路支局など後援)の入賞作を選ぶ選考委員会がこのほど開かれ、特別賞10点が決まった。【藤田宰司】

 森はな顕彰会(福本陽子会長)が高砂市内の小学生を対象に募集し、代表作「じろはったん」「こんこんさまにさしあげそうろう」などを読んで書いた295点が寄せられた。

 畠山兆子・梅花女子大教授を選考委員長に市教委や顕彰会幹事ら10人が審査にあたり、市長賞に曽根小4年…

この記事は有料記事です。

残り402文字(全文654文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 運転の60代女「意識なくなった」 東京・町田で児童ら5人はねられけが
  2. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
  3. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  4. 2歳娘「ママーおちるー」病院ベッドで泣き叫んだ 大津園児死傷事故1カ月
  5. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです