特集

第46回社会人野球日本選手権

第46回日本選手権大会(6月29日~7月14日)の特集サイトです。アマ野球最高峰の熱い戦いを全試合ライブ配信します。

特集一覧

社会人野球

日本選手権 自分たちの野球を 新日鉄住金広畑、姫路市長に意気込み /兵庫

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
石見利勝市長(右から2人目)を表敬訪問した新日鉄住金広畑野球部の原田三郎監督(右端)ら=兵庫県姫路市役所で、加藤敦久撮影
石見利勝市長(右から2人目)を表敬訪問した新日鉄住金広畑野球部の原田三郎監督(右端)ら=兵庫県姫路市役所で、加藤敦久撮影

 社会人野球の単独チーム日本一を争う第42回日本選手権(日本野球連盟、毎日新聞社主催)に出場する新日鉄住金広畑野球部の部長、監督らが20日、姫路市役所の石見利勝市長を表敬訪問した。

 新日鉄住金広畑は2大会連続14回目の出場となる。この日は難波英一野球部長、原田三郎監督、園田竜也マネジャーの3人が訪れ、出場チームに与えられる盾を石見市長に見せた後、チームの帽子を贈呈した。これに対して、石見市長は「健闘を期待しています」とエールを送った。

 大会を前に、原田監督は「アウトを確実に取るような、自分たちの野球をしっかりやりたい」と意気込みを話した。大会は京セラドーム大阪(大阪市)で29日に開幕し、32チームが出場して頂点を目指す。新日鉄住金広畑は大会第4日の11月1日、第2試合(午後2時半開始予定)でホンダ鈴鹿(東海・三重)と対戦する。【加藤敦久】

この記事は有料記事です。

残り490文字(全文864文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る