メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

ドラフト会議 「明徳義塾の教え支え」 ヤクルト5位の古賀選手 /高知

ヤクルトの5位指名を喜ぶ明徳義塾高の古賀優大選手(中央)=高知県須崎市浦ノ内下中山の同校で、松原由佳撮影

 20日のプロ野球ドラフト会議で、明徳義塾高(須崎市浦ノ内下中山)の古賀優大選手(18)が、ヤクルトから5位指名を受けた。記者会見に臨んだ古賀選手は「持ち味の肩を存分に生かしたい。明徳義塾で習ったことがプロに行ってからも支えになると思う」と意気込んだ。

 古賀選手は福岡県柳川市出身で、1年生からチームの主力捕手として試合に出場。捕球から二塁送球まで1・8秒の強肩が強みだ。今夏の甲子園では4番に座り、攻守ともに要として活躍し、明…

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文537文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  2. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  3. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  4. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  5. 小4男児遺体 首には絞められたような痕 さいたま市見沼区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです