メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プリンセス駅伝

古豪・京セラ復活 3年ぶり、23日大会出場 /鹿児島

選手に伴走しながら指示を出す京セラの佐藤監督(右)=霧島市で

 過去4度、全日本実業団対抗女子駅伝を制した古豪・京セラ(鹿児島)が23日、福岡県宗像市と福津市で開かれる同駅伝予選会(プリンセス駅伝、毎日新聞社など共催)で3年ぶりに駅伝に戻ってくる。率いるのは全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)で5度の区間賞を獲得し、北京五輪マラソン代表の佐藤敦之監督(38)。就任3年目で初の駅伝に挑む佐藤監督は「一歩踏み出すことが大事。全国の切符を取りたい」と復活に意欲を燃やす。大会には28チームが出場し、上位14チームが全国への切符を得る。【佐野優】

 佐藤監督は2013年12月の福岡国際マラソンで現役引退。監督が病死したチームからの要請を受け、所属していた中国電力を退社して14年4月、監督に就任した。チームは00年に鹿児島から京都に拠点を移していたが、「もう一度、充実した環境で練習を」との会社の意向で14年5月に鹿児島に戻った。だが、部員は7人から2人に減る厳しいスタートになった。

この記事は有料記事です。

残り511文字(全文922文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 潮流・深層 バイデン次期米大統領に立ちはだかる「穏やかな人たち」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです