平尾誠二さん死去

53年の人生駆け抜けた 「ミスター・ラグビー」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東芝府中との全国社会人ラグビー決勝で疾走する神戸製鋼のSO平尾誠二さん。神鋼が7連覇を達成した=1995年1月8日、東京・秩父宮ラグビー場で
東芝府中との全国社会人ラグビー決勝で疾走する神戸製鋼のSO平尾誠二さん。神鋼が7連覇を達成した=1995年1月8日、東京・秩父宮ラグビー場で

 神戸製鋼ラグビー部ゼネラルマネジャーの平尾誠二(ひらお・せいじ)さんが、20日に53歳で死去した。昨秋から体調を崩していた。葬儀の日取りは未定。

 神戸製鋼を7年連続日本一に導いた「ミスター・ラグビー」は、プレースタイル、生きざまともに「個性」を重んじた生涯だった。京都・伏見工高3年の1980年度に主将として全国高校大会で初優勝、同志社大では82年度から大学選手権3連覇。2年生で日本代表となり、神戸製鋼では88年度から新日鉄釜石に並ぶ日本選手権7連覇を果たした。FWとバックスが区別なくボールをつないでいく独自の「神鋼ラグビー」を作り上げ、人気を集めた。97年に史上最年少の34歳で日本代表監督に就任し、99年の第4回ワールドカップを指揮した。

この記事は有料記事です。

残り1243文字(全文1567文字)

あわせて読みたい

注目の特集