メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小池知事

「1500億円負担」訂正指示…IOCへの資料

小池百合子東京都知事=森田剛史撮影

 2020年東京五輪・パラリンピックで使われ大会後に取り壊す仮設施設整備費(最大1500億円)を東京都が負担すべきだとする都政改革本部の調査チームの提言が、都の決定であるかのように記された資料が国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長に渡されたとして、小池百合子知事は事務方に資料の訂正とIOCへの説明を指示した。

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文462文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  2. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
  3. モルシ・エジプト元大統領死去 67歳 軍クーデターで13年解任
  4. 養護施設元職員、入所の男子中学生にわいせつ行為 児福法違反容疑
  5. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです