ドラフト

ヤクルト指名の菊沢投手 28歳、軟式から快挙

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
チームメートから胴上げされる菊沢竜佑投手=福島県いわき市の相双リテックで
チームメートから胴上げされる菊沢竜佑投手=福島県いわき市の相双リテックで

 20日のプロ野球・ドラフト会議で、福島県いわき市の軟式野球チーム「相双リテック」の菊沢竜佑(りゅうすけ)投手(28)がヤクルトから6位で指名された。軟式野球の選手がドラフト指名されるのは珍しい。大学卒業後、一度は野球をあきらめ、サラリーマンになった経験もある菊沢投手は、同日夜の記者会見で「自分と同じように、夢の途中でくすぶってる人たちに力を与えられるような選手になりたい」と凜(りん)とした表情を見せた。【高井瞳】

 菊沢投手は、相双リテックのエースとして活躍。最速148キロの直球とスライダーが持ち味だ。いわき市の建設会社「相双リテック」本社で臨んだ会見では「困難の多い野球人生だった」と、これまでの道のりを淡々と振り返った。

この記事は有料記事です。

残り579文字(全文894文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集