平尾さん死去

夢の「フリーマン」、目指した「脱日本」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
疾走する神戸製鋼のSO平尾誠二。神鋼が7連覇を達成した=東京・秩父宮ラグビー場で1995年1月8日
疾走する神戸製鋼のSO平尾誠二。神鋼が7連覇を達成した=東京・秩父宮ラグビー場で1995年1月8日

ラグビー担当記者が見た「ミスター・ラグビー」

 ラグビーの神戸製鋼で日本選手権7連覇に貢献し、「ミスター・ラグビー」と称された平尾誠二さんが20日、53歳で亡くなった。かつてラグビー担当記者として、何度も平尾さんにインタビューをさせてもらった。53年の短い人生を惜しみつつ、印象的なエピソードと言葉をつづりたい。【落合博】

 ともに日本代表でプレーした林敏之さん(56)、大八木淳史さん(55)の両先輩とは異なる雰囲気を漂わせていた。華麗という形容が似合うプレースタイルと、端正な顔立ちはまぶしかった。

この記事は有料記事です。

残り641文字(全文890文字)

あわせて読みたい

注目の特集