ドラフト

巨人7位は「隠し球」台湾の23歳右腕、廖任磊

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 20日、東京都内のホテルで開かれたプロ野球の新人選択(ドラフト)会議。巨人が7位で「隠し球」を指名した。台湾出身の23歳右腕、廖任磊(リャオ・レンレイ)。6月に台湾・開南大を卒業したが、高校3年間を日本の岡山共生高で過ごしたため日本選手と同じ扱いとなり、ドラフトの対象となった。

 身長201センチ、体重125キロの巨体…

この記事は有料記事です。

残り142文字(全文302文字)

あわせて読みたい

注目の特集