メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文枝の楽屋へいらっしゃ〜い!

ディランとまではいかずとも

 ボブ・ディランさんにノーベル賞文学賞! 世界中が驚いた発表でしたが、一向に本人のコメントが伝わってこないのも驚きです。

 1963年、「風に吹かれて」は最初、ピーター・ポール&マリー(PPM)のカバーで大ヒットしました。その頃、20歳の私は大学生。もう落語を始めておりましたが、やたら周りはフォークソングをやり始めておりました。その頃、クラブは確か「アメリカ民謡研究会」と名乗っていて、PPMの「パフ」を歌ったり、自作の歌を歌ったりしていたように思います。とにかくキャン…

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文589文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  2. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  5. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです