特集

ぐるっと東日本

「母校をたずねる」「旅する・みつける」「くつろぎの宿」「アートを歩く」などの連載を展開しています。

特集一覧

全盲記者・岩下恭士のユニバーサロン

複製図書 国境越える条約 /東京

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 活字の書籍が利用できない視覚障害者や読字障害者の、出版物へのアクセスを保障する国際的な取り決め「マラケシュ条約」が、9月30日に発効した。2013年6月にモロッコのマラケシュで開かれた、186カ国が加盟する世界知的所有権機関(WIPO)の外交会議で採択され、この6月にカナダが批准したことで、批准国が発効条件の20カ国に達した。

 条約は、各国の著作権法に著作権の権利制限規定を設け、ある国で制作した障害者向けの図書の複製物を、他国に輸出できるようにするものだ。

この記事は有料記事です。

残り668文字(全文899文字)

あわせて読みたい

注目の特集