メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

考・皇室

私の意見/5止 元号の意味づけ変化も 的場順三・元内閣官房副長官

=内藤絵美撮影

 「平成」の元号選定に携わった経験から、生前退位が実現すれば、元号制定に関して少なくとも二つの影響が出る可能性があると考えている。一つ目は内々に行われてきた選定作業を続けることが困難になるかもしれないこと。二つ目は、改元を「一つの時代の区切り」と捉えてきた国民の意識が変わるかもしれないことだろう。有識者会議では、生前退位による影響とそれに伴う変化を想定しながら幅広く議論を進めてほしい。

 次の元号の選定作業が今までと異なる手続きになるかどうか検討する必要があると思う。元号法は「昭和」の…

この記事は有料記事です。

残り849文字(全文1093文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 女性描くリアルな “油絵”がSNSで反響「興味のない人にも届けたい」
  2. 堀ちえみさん、11時間にわたるがんの手術終わる 夫がブログで報告
  3. 山崎製パン「北海道チーズ蒸しケーキ」と「北海道チーズ蒸しケーキmini」を自主回収 金属片混入の恐れ
  4. カルビー 加熱すると…ポテチ出火 販売中止
  5. WEB CARTOP 新東名高速の6車線化が決定! 渋滞もしていないのに900億円をかけて実施する理由とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです