メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

政策チェック

16年米大統領選/8止 イラン核合意 トランプ氏、批判一辺倒

 中東政策の中で唯一、両候補の立場が完全に異なるテーマが「イラン核合意」だ。民主党のヒラリー・クリントン氏は「支持する」が、共和党のドナルド・トランプ氏は「破棄すべきだ」と主張する。

 米欧など主要6カ国とイランは2015年7月、イランの核開発規模を大幅縮小する包括的共同行動計画に合意した。核爆弾製造にもつながるウラン濃縮用の遠心分離機を削減するなど、イランは合意通りに核活動を縮小。見返りとして主要国側は16年1月、対イラン制裁を解除した。

 クリントン氏は09年の国務長官就任時のことを振り返り、「イランはあと数週間で、核爆弾を製造するのに…

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文611文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  3. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  4. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです