特集

2016米大統領選

毎日新聞デジタルの「2016米大統領選」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

特集一覧

政策チェック

16年米大統領選/8止 イラン核合意 トランプ氏、批判一辺倒

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 中東政策の中で唯一、両候補の立場が完全に異なるテーマが「イラン核合意」だ。民主党のヒラリー・クリントン氏は「支持する」が、共和党のドナルド・トランプ氏は「破棄すべきだ」と主張する。

 米欧など主要6カ国とイランは2015年7月、イランの核開発規模を大幅縮小する包括的共同行動計画に合意した。核爆弾製造にもつながるウラン濃縮用の遠心分離機を削減するなど、イランは合意通りに核活動を縮小。見返りとして主要国側は16年1月、対イラン制裁を解除した。

 クリントン氏は09年の国務長官就任時のことを振り返り、「イランはあと数週間で、核爆弾を製造するのに十分な核物質を手にする状況だった」と指摘。その後、粘り強い交渉を続けたことで、イランの核開発を大幅に後退させることに成功したと評価する。

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文611文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集