メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

MA輸入米 懸念すべきは水田面積の減少=資源・食糧問題研究所代表 柴田明夫

 環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の国会承認を巡り、与野党の対立が激化している。新たな火種となっているのが輸入米問題だ。政府は関税貿易一般協定(GATT)ウルグアイ・ラウンド合意に基づき、コメのミニマムアクセス(MA)として現在77万トンの輸入枠を設定している。このうち10万トンは、国が主食用に売買同時入札(SBS)米として輸入業者とコメ卸売業者との直接取引を認めている。輸入業者と卸売業者がペアで国の入札に参加し、輸入業者からの買い入れ価格と卸売業者への売り渡し価格との差が大きいものから落札。国は国内のコメ価格に影響が出ないよう、売り渡し価格を設定しているはずだった。

 しかし今回明らかになったのは、輸入業者が政府に申請した価格より安く買い入れ、一部を調整金として卸売…

この記事は有料記事です。

残り397文字(全文737文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです