メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トレンド観測

Theme 映画「あたらしい野生の地」29日から公開 「動物は人間と変わらない」

 馬や鹿、鳥に昆虫。オランダの都市近郊で生きる動物たちの1年を追ったドキュメンタリー映画「あたらしい野生の地−−リワイルディング」(2013年、1時間37分、オランダ)が、29日からの東京・渋谷アップリンクを皮切りに全国で公開される。同国では70万人を動員する大ヒットを記録した。3年をかけて完成させたマルク・フェルケルク監督(60)は「自然の計り知れない回復力を実感した」と話す。日本語字幕の監修は詩人の管啓次郎さん。

 舞台は首都アムステルダムの北東50キロの海沿いにある面積約6000ヘクタール(東京都大田区くらい)の自然保護区「オーストファーデルスプラッセン」。1968年に行われた干拓事業が経済的に失敗して放置された人工の地だ。リワイルディング(再野生化)の試みとして馬と鹿を放ったところ繁殖に成功し、馬は2000頭以上を数える。

この記事は有料記事です。

残り589文字(全文958文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都にチクリ? 菅官房長官、コロナ再拡大は「東京問題」

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ巡る都知事の「夜の街」発言 客観的説明なく偏見を助長

  5. 園児20人、保育士2人感染 東京・文京区の保育園 22日まで臨時休園

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです