ハクチョウ

朝日浴び美しく 新潟・瓢湖

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
朝もやの中、飛び立つハクチョウ=新潟県阿賀野市で2016年10月16日、小川昌宏撮影
朝もやの中、飛び立つハクチョウ=新潟県阿賀野市で2016年10月16日、小川昌宏撮影

 新潟県阿賀野市の瓢湖(ひょうこ)に、ハクチョウが越冬のため、飛来している。夜が明けるころ「コオー、コオー」と声を響かせながら、朝日を浴びたハクチョウが美しい姿を見せている。

 瓢湖は2008年にラムサール条約に登録された約8ヘクタールの人工のため池。60年以上前からオオハクチョウやコハクチョウがねぐ…

この記事は有料記事です。

残り112文字(全文262文字)

あわせて読みたい

ニュース特集