メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハクチョウ

朝日浴び美しく 新潟・瓢湖

朝もやの中、飛び立つハクチョウ=新潟県阿賀野市で2016年10月16日、小川昌宏撮影

 新潟県阿賀野市の瓢湖(ひょうこ)に、ハクチョウが越冬のため、飛来している。夜が明けるころ「コオー、コオー」と声を響かせながら、朝日を浴びたハクチョウが美しい姿を見せている。

 瓢湖は2008年にラムサール条約に登録された約8ヘクタールの人工のため池。60年以上前からオオハクチョウやコハクチョウがねぐ…

この記事は有料記事です。

残り112文字(全文262文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 警視庁 留置されている男が感染 新型コロナ

  2. 和太鼓演奏グループ「DRUM TAO」メンバー感染 クラスター発生か

  3. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  4. 新型コロナ 名古屋、往来ひっそり 愛知、緊急事態宣言対象外

  5. 「歌舞伎町のホスト、名古屋への出張営業」 情報拡散 店が愛知県知事に釈明し謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです