上野動物園

ゾウおめでた 難しい繁殖、地道に努力

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 上野動物園(東京都台東区)のアジアゾウの「ウタイ」(18歳)が妊娠している。皇太子ご夫妻の長女愛子さまの誕生記念として、2002年に共にタイから贈られた雄の「アティ」(19歳)とのペアリングに成功した。ゾウは「繁殖が最も難しい動物」と言われており、順調に出産すれば国内最長の128年にわたるゾウ飼育の歴史がある同園でも初繁殖となる。「おめでた」の背景にあったのは?【斉藤三奈子】

 飼育しているゾウの繁殖が難しい理由の一つに雄の少なさがある。国内での飼育頭数は現在78頭で、そのうち雄は19頭。上野動物園では4頭のうち1頭しかいない。成熟した雄は、性ホルモンの分泌が増加し粗暴になる「マスト」と呼ばれる興奮期があり、飼育が難しいからだ。雌にも事情があり、同園と共同研究を進める岐阜大の楠田哲士(さとし)准教授(動物園動物繁殖学)は「排卵は年に3~4回しかなく、受精可能な日は排卵ご…

この記事は有料記事です。

残り865文字(全文1255文字)

あわせて読みたい

ニュース特集