メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

保護子猫

命のバトン シニアが育て若い飼い主へ

子猫リレー事業の仕組み

 子猫の殺処分を減らすため、大阪市獣医師会(同市東成区)が昨年10月、試験的に始めた「子猫リレー事業」が注目を集めている。自治体に保護された子猫を獣医師やシニアボランティアが引き取って世話した後、若い世代の飼い主に譲渡する取り組み。全国の猫の殺処分は年間6万7091匹(2015年度)に上り、うち生後数週間の子猫が約7割を占める。保護猫の譲渡活動を獣医師会が主導する事例は全国初とみられる。

 事業の特徴は、さまざまな人がバトンを渡すように1匹の猫に関わっていくことだ。リレーの第一歩は市獣医…

この記事は有料記事です。

残り472文字(全文717文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

  3. 神戸教諭いじめ 加害者の男性教員が児童骨折させる 他にも問題行為か

  4. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  5. 「いけないことを教える立場が」「人間として恥ずべき」神戸教諭いじめ 謝罪コメント要旨

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです