メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥取・地震

鉄道運行一時見合わせ 中国地方に大きな影響

運行見合わせのため混雑するJR高松駅構内=2016年10月21日午後3時44分、深尾昭寛撮影

 鳥取県中部で震度6弱を観測した今回の地震により中国地方を中心に広い地域で鉄道の運行を一時見合わせるなど、交通機関に大きな影響が出た。JR西日本は、鳥取県と島根県で運行する6路線で一時見合わせた。安全を確認した上で順次運行を再開しており、21日夜までに山陰線の倉吉−由良間を除いて運行を再開した。

 JR四国では、本州と四国をつなぐ瀬戸大橋線の児島−宇多津間が2時間以上止まった。快速マリンライ…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文490文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 死者40人、不明19人に 毎日新聞まとめ

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 台風19号で長野のライフラインにも打撃 1万1000人態勢で復旧作業

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 埼玉の養豚場で殺処分開始 台風の影響でずれ込む 豚コレラ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです