カセットテープ

ブーム再び メーカーが復刻版発売

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
日立マクセルの懐かしいカセットテープ=浜名晋一撮影
日立マクセルの懐かしいカセットテープ=浜名晋一撮影

 「今、カセットテープがブーム」という。1990年代、CDなどの普及に伴い、音楽の記録媒体としての地位を追われて退場したかに見えたカセットテープ。しかし、そのアナログの魅力が再評価され、新たな輝きを放ち始めている。「ブーム」の背景を探った。【浜名晋一】

カセットテープの音は心地いい

 東京・中目黒の閑静な住宅街の一角にあるカセットテープ専門店「waltz(ワルツ)」。昨年8月にオープンした店内には国内外の音楽テープ約5000本の他、昔懐かしいラジカセや携帯音楽プレーヤー「ウォークマン」などの商品がずらりと並び、アナログの音にみせられたファンでにぎわっている。

 店を始めたのは、アマゾン・ジャパンで音楽事業の展開などに携わった経歴を持つ角田太郎さん(47)。IT業界から一転、アナログの商品を扱うビジネスを起業したのは、「一度終わったものに新しい価値を提案したい」という思いだった。

この記事は有料記事です。

残り1629文字(全文2020文字)

あわせて読みたい

注目の特集