秋季関東地区高校野球大会

霞ケ浦、逆転負け 明秀日立、きょう登場 /茨城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【霞ケ浦-山梨学院】二回裏霞ケ浦1死三塁、内野が中前適時打を放ち先制=宇都宮市清原工業団地の宇都宮清原球場で 拡大
【霞ケ浦-山梨学院】二回裏霞ケ浦1死三塁、内野が中前適時打を放ち先制=宇都宮市清原工業団地の宇都宮清原球場で

 第69回秋季関東地区高校野球大会(関東地区高野連主催、毎日新聞社など後援)は22日、宇都宮市で開幕。1回戦3試合が行われ、霞ケ浦(茨城2位)は山梨学院(山梨1位)に逆転負けを喫した。他に東海大市原望洋(千葉1位)、中央学院(千葉2位)が8強入りを決めた。23日は県総合運動公園野球場などで1回戦4試合が行われ、県大会で優勝した明秀日立(茨城1位)は、正午から同野球場で健大高崎(群馬2位)と対戦する。【川崎健】

二回に先制するも

 <清原球場>

 ▽1回戦

山梨学院

  000011000=2

  010000000=1

霞ケ浦

 霞ケ浦は二回、先頭打者・益子が左中間への二塁打を放ち、内野の中前適時打で先制。しかし、五回に守備のミスから同点にされ、六回には左越えソロ本塁打で逆転された。山梨学院は先発の吉松が被安打5の力投を見せた。

「あの一球」に雪辱誓う 霞ケ浦(2年)川崎海斗投手

霞ケ浦・川崎海斗投手 拡大
霞ケ浦・川崎海斗投手

 自分らしくほぼ投げられた。だが、その一球は失投だった。同点で迎えた六回、先頭打者の4番・五十嵐寛人選手(2年)に投じた初球。スライダーは真ん中に入り、左翼席に逆転のソロ本塁打を許した。それでも「打たれたのは仕方ない。反撃してくれると信じよう」と気持ちを切り替え、最後までマウンドを守り抜いた。

 球速は最速135キロと力強さはないが、制球力は抜群。県大会では全4試合中3試合に先発し、チェンジアップなどを絡めた緩急をつけた球で相手打線を翻弄(ほんろう)して、防御率1・67の好投を見せた。

 「山梨学院は強力打線が特徴。絶対に大量得点は許さない」。エースとして満を持して臨んだ関東大会だっただけに、あの一球に悔いは残る。だが「自分の投球スタイルは出せた」と思い直した。高橋監督も「十分に価値のある投球だった」と前向きに評価してくれた。

 「持久力をつけ、球速も上げて成長したい」。雪辱を誓う口調は、きっぱりとしていた。【川崎健】


秋季関東地区高校野球 熱球ダイヤル

 電話0180・992・111

あわせて読みたい