秋季関東地区高校野球大会

霞ケ浦、逆転負け 監督・主将の話 /茨城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

勝負どころでミス 霞ケ浦・高橋祐二監督

 ミスから追いつかれてしまったことが勝敗を分けた。なんとか追いつきたいと思い、川崎を八回以降も続投させた。勝負どころでミスが出た理由を、しっかり振り返って考えなければならない。

好投手打ち崩せず 霞ケ浦・安竹佑司主将

 好投手を最後まで打ち崩せず、攻撃のミスをなくすことができなかった。これまでバントや走塁の練習を重ねてきたが、まだ足りない。今日の反省を踏まえ、もっと攻撃を強化したい。

あわせて読みたい