メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校ラグビー

県予選 花園の切符目指し開幕 玖珠美山、昭和学園、日田・竹田、大分工2回戦へ /大分

【大分工-日本文理大付】後半、突進からトライを決めた大分工の林大成選手(中央下)

 第96回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社など主催)の県予選が22日、由布市の湯布院スポーツセンターで開幕した。12月27日に東大阪市花園ラグビー場で開幕する全国大会への切符を懸けて、16校12チームが参加。この日は1回戦4試合があり、玖珠美山が由布・佐伯鶴城(合同チーム)に、日田・竹田(同)が臼杵・別府鶴見丘・明豊(同)に、大分工が日本文理大付にそれぞれ快勝した。昭和学園は高田との接戦を制した。県予選の決勝は11月13日に大分市営陸上競技場で行われる。【田畠広景】

 玖珠美山はFW、BKともに由布・佐伯鶴城を圧倒した。BK恵良寿季選手(3年)が相手のタックルをかわし、インゴール中央まで走りきるなど、前後半で計11トライを積み上げた。由布・佐伯鶴城は、自陣ゴール前で粘りも見せたが、押し切られた。

この記事は有料記事です。

残り525文字(全文876文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲・中川部屋、師匠の暴力行為で閉鎖へ 行き過ぎた指導か

  2. 新型コロナ「後遺症」研究へ 退院後も息苦しい、疲れやすい… 厚労省、2000人対象

  3. 「黄信号」点灯間近に 基準緩和の大阪モデル 1週間で感染100人超

  4. 東京の感染者、「夜の街」関連110人 新宿でのアイドル舞台で10人感染「クラスター」か

  5. 草彅剛さん、来年のNHK大河ドラマで徳川慶喜役「僕の人生にも大きな役」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです