メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

荒川洋治・評 『脂肪の塊/ロンドリ姉妹』=モーパッサン・著

 (光文社古典新訳文庫・994円)

中編小説の道を開く物語

 目をいっぱいに開いて読む。また読み返す。「脂肪の塊」はそんな作品だと思う。

 一九世紀フランスの文豪ギィ・ド・モーパッサン(一八五〇−一八九三)は、名作『女の一生』など長編の他に、三〇〇を超える中・短編を書いた。そこから「脂肪の塊(ブール・ド・スュイフ)」「ロンドリ姉妹」など一〇編を収める。モーパッサンの文学に新たな光をあてる選集の第一弾。

 中編「脂肪の塊」(一八八〇)の文庫には『脂肪の塊』(水野亮訳・岩波文庫)『脂肪のかたまり』(高山鉄…

この記事は有料記事です。

残り1183文字(全文1432文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわ新選組の舩後氏が初当選 重度身体障害者の新人 特定枠1位
  2. あなたの参院選 なぜ8時に当選確実が出るの? テレビ選挙報道の舞台裏
  3. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」
  4. 東京選挙区、共産現職の吉良氏再選
  5. コトバ解説 「衆議院」と「参議院」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです