メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

行方不明

遭難13日ぶり救出 滑落男性、崖はい上がる 奈良・弥山

遭難した冨樫篤英さんが13日ぶりに発見された奈良県天川村の弥山の現場

 奈良県天川村の弥山(みせん)(1895メートル)に登山に入った島根県土木部長、冨樫篤英さん(53)=松江市内中原町=が今月9日朝から行方不明になり、22日正午ごろ、弥山山頂から北西約4キロの栃尾辻近くの登山道にいるところを13日ぶりに登山者の男性(48)が発見した。冨樫さんは奈良県のヘリコプターで病院に搬送され、衰弱しており、腰などの骨を折っていた。奈良県警吉野署によると、冨樫さんは「わき水を飲んで過ごし、滑落した(崖の)下からはい上がってきた」などと話しているという。

 吉野署によると、発見した登山者の男性が声を掛けると、冨樫さんは「2週間ほど遭難していた。たった今、下からはいあがってきた」と話し、男性が持っていたおにぎり2個を手渡すと食べたという。冨樫さんは9日に滑落し、2日ほど体が痛くて動けず、3日目に近くにあったわき水を初めて飲んだ。21日になり痛みが和らぎ、天気もよくなったので、山を登り始めたという。ヘリで救助に当たった県防災航空隊によると、冨樫さんは「…

この記事は有料記事です。

残り216文字(全文654文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. 台東区の病院、都内で最大のクラスターに 都「院内感染で拡大、濃厚」

  5. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです