鳥取中部の地震

未知の断層が原因 政府調査委見解

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
今回地震を起こしたと推定される断層
今回地震を起こしたと推定される断層

 政府の地震調査委員会は22日、臨時会を開き、鳥取県中部の地震は「これまで知られていない長さ10キロ以上の断層がずれて起きた」とする見解を示した。

 調査委は今年7月、中国地方の活断層を対象に、今後30年以内にマグニチュード(M)6.8以上の地震が起きる確率を公表。同県など北部区域の確率を40%と高く…

この記事は有料記事です。

残り188文字(全文338文字)

あわせて読みたい

ニュース特集