メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥取地震

被災地で続く車中泊 避難所避け愛犬と一緒

車内で夜を明かす高羅泰一さん、紀恵子さん夫妻。震災で家の中が散乱し、片付けが終わるまで夜は自宅近くの駐車場に止めた軽乗用車内で寝泊まりする=鳥取県倉吉市で2016年10月22日、平川義之撮影

 鳥取県で最大震度6弱を観測した21日の地震で、被災地では車中泊をする人も出ている。倉吉市立図書館などが入る倉吉パークスクエアの駐車場に軽自動車を止める高羅泰一さん(88)と妻の紀恵子さん(81)夫妻は、6歳の愛犬「みみ」とともに地震の初日夜から車中泊を続けている。

 自宅は屋根瓦と壁の一部が壊れたが、住む…

この記事は有料記事です。

残り194文字(全文347文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本テレビ「ZIP!」で誤って「栃木県警本部長 窃盗で逮捕」とテロップ

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです