鳥取地震

被災地で続く車中泊 避難所避け愛犬と一緒

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
車内で夜を明かす高羅泰一さん、紀恵子さん夫妻。震災で家の中が散乱し、片付けが終わるまで夜は自宅近くの駐車場に止めた軽乗用車内で寝泊まりする=鳥取県倉吉市で2016年10月22日、平川義之撮影
車内で夜を明かす高羅泰一さん、紀恵子さん夫妻。震災で家の中が散乱し、片付けが終わるまで夜は自宅近くの駐車場に止めた軽乗用車内で寝泊まりする=鳥取県倉吉市で2016年10月22日、平川義之撮影

 鳥取県で最大震度6弱を観測した21日の地震で、被災地では車中泊をする人も出ている。倉吉市立図書館などが入る倉吉パークスクエアの駐車場に軽自動車を止める高羅泰一さん(88)と妻の紀恵子さん(81)夫妻は、6歳の愛犬「みみ」とともに地震の初日夜から車中泊を続けている。

 自宅は屋根瓦と壁の一部が壊れたが、住む…

この記事は有料記事です。

残り194文字(全文347文字)

あわせて読みたい

注目の特集