メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

難民問題

仏、難民キャンプ撤去 地元と摩擦解消へ パリに一時施設、申請促す 海峡の町・カレー

テントが密集する難民キャンプ「ジャングル」=フランス北部カレーで7月1日、賀有勇撮影

 【パリ賀有勇】フランス政府は24日朝(日本時間同日午後)、英国行きを図る難民・移民らが殺到してテント暮らしをしている仏北部カレーの難民キャンプの撤去に着手し、他の収容施設への移送を開始する。またパリ市は市内初の難民一時収容施設を月内に開所させる。いずれも地元住民との摩擦を解消し、フランスへの難民申請を促す狙いがあるが、フランスを「通過国」と見なす難民らも多い。

 英仏海峡トンネルの入り口があるカレーには、トラックなどに忍び込み対岸の英国への密入国を図る難民や移…

この記事は有料記事です。

残り656文字(全文888文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「古着屋が袖口で知る左きき」…

  2. 韓国野党代表、頭丸めて法相罷免要求 2女性議員に次ぎ3人目

  3. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  4. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

  5. 佳子さまオーストリア訪問 大統領を表敬

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです