メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ワールド・トレジャー

特派員が選ぶ私の世界遺産 国立舞踊アカデミー(ロシア・モスクワ) 伝統引き継ぐバレエ学校

バーレッスンに励むモスクワ国立舞踊アカデミーの生徒たち=モスクワで2016年3月3日、杉尾直哉撮影

 優雅なピアノの伴奏に合わせ、白い妖精のような少女たちがやわらかく手足を上げ下げしていた。「モスクワ国立舞踊アカデミー」。ロシアを代表するバレエ学校で、プロを目指す生徒たちが日々、レッスンに励んでいる。

 小学5年から高校3年に当たる年齢の男子と女子150人が全寮制の学校で学ぶ。うち半数が外国人で日本からも約30人が来ている。モスクワのバレエの殿堂「ボリショイ劇場」と歴史的に関係が深く、「ボリショイ・バレエ・アカデミー」の通称で知られる。

 学校の起源は帝政時代の1773年。女帝エカテリーナ2世が孤児らの養育施設に「舞踊」教育を導入したのが始まりだ。その後のソ連時代、そして連邦崩壊後の現在までロシアを代表する踊り手を輩出してきた。卒業生にはマイヤ・プリセツカヤさん(昨年5月、89歳で死去)らがいる。プーチン大統領は今年1月、大統領令で「重要文化遺産」に指定した。国家の保護を受けた学校だ。

この記事は有料記事です。

残り1097文字(全文1494文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 十両以上の休場者18人に 戦後最多を更新 大相撲初場所

  3. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  4. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  5. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです