メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県将棋連盟

半世紀の歩み一冊に 初の名人戦、障害者施設で対局、知事の棋譜… 図書館に配布、1000円で販売も /青森

県将棋界に貢献した棋士たちの棋譜が載った記念冊子。三村申吾知事の対局もある

 県将棋連盟は設立50周年を記念し、これまでの活動をまとめた冊子「青森将棋界の歩み」を製作した。県将棋界の発展に貢献した人物や歴史を紹介する内容となっている。編さんを手掛けた奈良岡実代表幹事は「全国的にも珍しい試み。県将棋界の発展には先人の素晴らしい積み重ねがあったと再発見できる」と話している。【宮城裕也】

 冊子は、連盟が発足した1965年から昨年までの経緯をたどり、杉野岩太郎氏や平野信助氏ら県出身棋士が…

この記事は有料記事です。

残り585文字(全文789文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  2. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  3. ジャニーズ「圧力の事実はないが当局の調査は重く受け止める」 HPでコメント発表
  4. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
  5. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです