イベント「シン・ゴジラ×ガチリン」

「本当に襲来したら」 福島で高校生ら議論 /福島

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
映画「シン・ゴジラ」を題材に、福島第1原発事故の対応について考えるイベントが高校生によって開かれた=福島市曽根田町の映画館「フォーラム福島」で
映画「シン・ゴジラ」を題材に、福島第1原発事故の対応について考えるイベントが高校生によって開かれた=福島市曽根田町の映画館「フォーラム福島」で

 23日、福島市曽根田町の映画館「フォーラム福島」であったイベント「シン・ゴジラ×ガチリン」では、参加した高校生や一般市民ら約30人が大ヒット映画「シン・ゴジラ」を題材に、東京電力福島第1原発事故への対応を考えた。司会者の「いま、本当にゴジラが襲来したら?」「次に災害が起きた時に何をする?」との問いかけを足がかりに、盛んな議論が交わされた。

 イベントを主催したのは福島第1原発事故の原因を、調査・検証した「国会事故調報告書」を輪読する県立福島高校の有志グループ「ガチリン」(「真剣に輪読する」の意)。

この記事は有料記事です。

残り554文字(全文805文字)

あわせて読みたい

注目の特集