秋季関東地区高校野球大会

明秀日立敗れる 監督・主将の話 /茨城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

対等な戦い目指す 明秀日立・金沢成奉監督

 今夏を経験した若松と芳賀にもう少し頑張ってもらいたかった。三回に満塁の好機から先制したが、もっと点を取れていればよかった。関東大会レベルの相手と対等に戦えるようにしたい。

県大会の勢い出ず 明秀日立・若松祐斗主将

 県大会で優勝した勢いを出すことができなかった。コールド負けという結果は素直に受け止めなければならない。今後はもっと実力を上げて、夏に向けて頑張りたいと思う。

あわせて読みたい