秋季関東地区高校野球大会

明秀日立敗れる 県勢、初戦で姿消す /茨城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【明秀日立-健大高崎】二回表明秀日立2死一塁、細川の二塁打で一塁走者の泉が本塁に突入するもタッチアウト=宇都宮市の栃木県総合運動公園で 拡大
【明秀日立-健大高崎】二回表明秀日立2死一塁、細川の二塁打で一塁走者の泉が本塁に突入するもタッチアウト=宇都宮市の栃木県総合運動公園で

 第69回秋季関東地区高校野球大会(関東地区高野連主催、毎日新聞社など後援)は23日、宇都宮市の2球場で1回戦4試合が行われた。明秀日立(茨城1位)は健大高崎(群馬2位)にコールド負けを喫し、県勢2校は初戦で姿を消した。慶応(神奈川1位)、横浜(同2位)、前橋育英(群馬1位)が8強入りを決めた。24日は栃木県総合運動公園野球場などで準々決勝4試合が行われ、4強が出そろう。【川崎健】

先制も散発3安打

 <県総合運動公園野球場>

 ▽1回戦

明秀日立 0010000=1

健大高崎 005300×=8

 (七回コールド)

 明秀日立は三回、3四死球で1死満塁とし、芳賀の押し出し死球で先制。その後は健大高崎の小刻みな継投策にかわされ、散発3安打に封じられた。投手陣は1本塁打を含む12安打を浴び、試合をつくれなかった。

敗戦糧に新たな自覚 明秀日立(2年)・若松祐斗主将

 主砲として期待されながら、役目を果たせなかった。

 先制した直後の三回1死満塁。「打って走者を還したい」と意気込むも、相手先発・竹本甲輝投手(2年)のスライダーに詰まらされて遊飛。五回の2死二、三塁では空振り三振。「気持ちで負ける自分の甘さが出た」。2度の得点機に凡退するなど3打数無安打に終わり、悔しさが募った。

 今夏の茨城大会では主力選手として準優勝に貢献した。豪快なスイングを武器に秋の県大会では不動の4番打者としてチームを引っ張った。2回戦では決勝点となるソロ本塁打を放つなど勝負強さが光った。

 この日の試合後、金沢監督は「いいスイングをしていたがまだまだ。夏の経験者なので、もう少し頑張ってほしかった」と辛口評価だったが、裏を返せば期待の表れでもある。

 「まず自分が主将としてもっと成長し、チームを引っ張っていきたい」。敗戦を糧に新たな自覚が芽生えた。【川崎健】


秋季関東地区高校野球 熱球ダイヤル

 電話0180・992・111

あわせて読みたい