メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

佐治博士のへえ〜そうなんだ!?

/107 言葉に秘められた意味 /愛知

音素の融合体「日本語」

 古池や蛙(かわず)飛び込む水の音(芭蕉)

 俳句といえば真っ先に思い浮かぶほど有名な句ですが、みなさんはどういう情景を思い浮かべますか? こけむした古い池の中に1匹の蛙が飛び込み、かすかな音をたてる。波紋が広がり、その音はしだいに静寂の中にのみこまれ……と、こんな感じではないでしょうか。つまり静けさです。でも不思議なことに、この句に「静けさ」という単語は一つも入っていません。

 最近になって、金子みすヾに代表される童謡詩人たちの作品や、神道で奏上される大祓祝詞(おほはらへのこ…

この記事は有料記事です。

残り1130文字(全文1380文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「黒い吉野家」3月から一気に拡大 オレンジ色のイメージ変える理由は?
  2. さよならムーミン列車 いすみ鉄道、3月末に終了 経営環境厳しく
  3. ドナルド・キーンさん死去 96歳 日本文学研究者、翻訳で国際化に貢献
  4. 墨吐く深海魚「アカナマダ」、31年ぶり富山湾に インスタ投稿見て寄贈呼びかけ
  5. 「赤毛」の秋田犬ぬいぐるみがヒット 白毛と虎毛も登場

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです