メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プリンセス駅伝

喪章の肥後銀、悔し涙 24位、予選会突破できず /熊本

24位でフィニッシュする肥後銀行の浜田美蘭選手=和田大典撮影

 福岡県宗像、福津両市で23日に開かれた第2回全日本実業団対抗女子駅伝予選会「プリンセス駅伝in宗像・福津」(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社など共催)。県勢の肥後銀行(熊本市)は、熊本地震からの復興を目指す地元への思いを込めてたすきをつないだが、2時間28分36秒で24位に終わり、昨年に続き予選会を突破できなかった。

 左肩に喪章をつけて力走した選手たち。1区の池田絵里香選手(25)は12位と上々の滑り出しだったが、3区の蓮池杏奈選手(27)が本来の走りができず、22位に。その後も新人の高野鈴菜選手(19)らが力走したが、順位を上げることはできなかった。

この記事は有料記事です。

残り161文字(全文444文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 松本潤「嵐という船を一度降りて」大河主演決意までの葛藤 オファー一度は保留[コメント全文]

  2. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  3. 「なぜ?なぜ?なぜ娘だったのか」 福岡・商業施設女性刺殺、被害者の母

  4. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

  5. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです