メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
地域ねこ事業

殺処分、6年で7割減少 課題指摘も 盛岡

盛岡市の野良猫対策や動物愛護センター設立について、意見を交わす谷藤裕明市長(左)とNPO法人「もりねこ」のスタッフら=盛岡市菜園2のネコカフェ「もりねこ」で2016年10月19日、近藤綾加撮影

 国内では愛くるしい仕草を見せるネコと直接ふれ合える「ネコカフェ」がブームとなる中、年間10万匹以上の野良ネコが殺処分されている。そんな不幸なネコを1匹でも減らしたいと、住民と協力して野良ネコなどを管理する盛岡市の「地域ねこ事業」が成果を上げ、市内の殺処分数は6年間で7割減少した。一方、NPOは「保護環境は不十分で、殺処分を減らすためには施設が必要」と訴える。【近藤綾加】

この記事は有料記事です。

残り1469文字(全文1656文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  2. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

  5. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです