地域ねこ事業

殺処分、6年で7割減少 課題指摘も 盛岡

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
盛岡市の野良猫対策や動物愛護センター設立について、意見を交わす谷藤裕明市長(左)とNPO法人「もりねこ」のスタッフら=盛岡市菜園2のネコカフェ「もりねこ」で2016年10月19日、近藤綾加撮影
盛岡市の野良猫対策や動物愛護センター設立について、意見を交わす谷藤裕明市長(左)とNPO法人「もりねこ」のスタッフら=盛岡市菜園2のネコカフェ「もりねこ」で2016年10月19日、近藤綾加撮影

 国内では愛くるしい仕草を見せるネコと直接ふれ合える「ネコカフェ」がブームとなる中、年間10万匹以上の野良ネコが殺処分されている。そんな不幸なネコを1匹でも減らしたいと、住民と協力して野良ネコなどを管理する盛岡市の「地域ねこ事業」が成果を上げ、市内の殺処分数は6年間で7割減少した。一方、NPOは「保護環境は不十分で、殺処分を減らすためには施設が必要」と訴える。【近藤綾加】

この記事は有料記事です。

残り1469文字(全文1656文字)

あわせて読みたい

ニュース特集