特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

衆院補選

自民、事実上の2勝 鳩山氏を追加公認

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
衆院福岡6区補選で当選が確実となり、花束を受け取る鳩山二郎氏(中央)=2016年10月23日午後8時10分、野田武撮影
衆院福岡6区補選で当選が確実となり、花束を受け取る鳩山二郎氏(中央)=2016年10月23日午後8時10分、野田武撮影

 衆院東京10区、福岡6区両補選は23日、投開票され、東京10区では自民党元職の若狭勝氏(59)=公明党推薦、福岡6区では無所属新人の鳩山二郎氏(37)がそれぞれ当選した。自民党は同日、鳩山氏を追加公認し、2補選は事実上、同党の2勝になった。民進党は両選挙区で新人候補を擁立し、共産、自由、社民3党の支援を受けたが及ばなかった。投票率は東京10区が34.85%(2014年衆院選は53.56%)、福岡6区が45.46%(同46.93%)だった。

 選挙結果を受けて、自民党の二階俊博幹事長は23日夜、党本部で記者会見し、「これからの国会運営などに謙虚に対応したい」と語った。

この記事は有料記事です。

残り667文字(全文953文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る