メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥取・地震

「繁忙期なのにキャンセル…」観光地ため息

「三朝温泉街」 余震への懸念が理由か

 21日に鳥取県中部を襲った地震は、県内の観光地に大きな影響を及ぼしている。世界屈指のラジウム温泉として知られる三朝(みささ)町の「三朝温泉街」で予約キャンセルが相次ぎ、施設の被害や営業休止などが各地で生じている。カニ鍋や紅葉のシーズンを前に、関係者は頭を抱えている。

 「11月は毎年約5万人が訪れる繁忙期なのに、相当のキャンセルがあると聞いている」。25の旅館が加盟…

この記事は有料記事です。

残り1119文字(全文1321文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 次期堺市長選に維新が候補擁立の意向 松井代表、竹山氏を批判「潔くなかった」
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. 維新が兵庫で勢力拡大 大阪の勢い取り込み 県内市議選、18人中17人当選
  5. 低速で横断歩道に進入 ドライブレコーダーに運転手の叫び声も 神戸・バス事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです