シン・ゴジラ

原発事故考える催し 県立福島高生徒ら企画

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
福島県立福島高校の生徒が、映画「シン・ゴジラ」と福島第1原発事故について考えるイベントを開いた=福島市曽根田町の映画館「フォーラム福島」で2016年10月23日午後3時15分、宮崎稔樹撮影
福島県立福島高校の生徒が、映画「シン・ゴジラ」と福島第1原発事故について考えるイベントを開いた=福島市曽根田町の映画館「フォーラム福島」で2016年10月23日午後3時15分、宮崎稔樹撮影

 福島県立福島高校(福島市)の生徒有志が23日、映画「シン・ゴジラ」鑑賞後、銀幕でのゴジラへの対処と、現実の東京電力福島第1原発事故対応に共通する課題を考えるイベントを市内の映画館で開いた。

 映画は放射能を帯び街を破壊するゴジラに政府が混乱する様子を描き、ファンの間で「原発事故がモチーフ?」との声も…

この記事は有料記事です。

残り132文字(全文282文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集