メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イギリス人のインド観、いまだ長い隔たりが

 インド、いま注目の国ですね。投資家にとっては、ロシアや中国が景気後退に苦しむなかで収益を見込むことのできる、いま残された数少ない新興経済圏。政治的には台頭する中国の牽制(けんせい)に必要な、日本外交のパートナー。そして映画では、ムンバイを中心に次々と作品を発表する映画大国です。これは、インド出身の数学者を主人公とする実話の映画化です。

 第一次世界大戦直前、まだイギリス統治下のインド。そのマドラス(いまのチェンナイ)で母、妻とともに暮…

この記事は有料記事です。

残り1383文字(全文1622文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 繊細すぎる“タコ切り絵”海外からも高評価、普段は会社員のママクリエイター「表現したいのは立体感」
  2. 空自のF2戦闘機がレーダーから消える 山口県沖、搭乗の2人は見つかる
  3. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  4. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  5. ふるさと納税でアマゾンギフト券100億円 泉佐野市が総務省に対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです