メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現代デザイン考

エフォートレス 女性の体と心を解放する

 三つの「レス(less)」がファッションの世界を席巻して久しい。「シーズンレス」「ジェンダーレス」「エフォートレス」。1番目は「季節がない」、次は「性差がない」を意味する。つまり季節感や男女によるデザイン・素材の線引きが薄れ、おおざっぱに言えば「何でもアリ」が加速している。

 比較的耳新しいエフォートレスは、直訳すると「努力がいらない」。着てくつろげる、リラックス感がある装いを指す。女性用ならワイドパンツや長めのミモレ丈スカート、ロングカーディガンなどが代表的なアイテム。どれも体の線があらわにならず、活動的ながら優雅さも感じさせるデザインだ。

 あらゆる分野で多様化が進む現代は流行が見えづらい。筆者が潮目が動いたと感じたのは2014年春。パリ…

この記事は有料記事です。

残り710文字(全文1034文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 天野健太郎さん 47歳=台湾文学翻訳家
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 韓国 BTS事務所 被爆者とナチス被害者に謝罪表明
  4. 自民党 下村氏憲法審幹事辞退へ 野党「職場放棄」発言で
  5. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです