メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現代デザイン考

エフォートレス 女性の体と心を解放する

 三つの「レス(less)」がファッションの世界を席巻して久しい。「シーズンレス」「ジェンダーレス」「エフォートレス」。1番目は「季節がない」、次は「性差がない」を意味する。つまり季節感や男女によるデザイン・素材の線引きが薄れ、おおざっぱに言えば「何でもアリ」が加速している。

 比較的耳新しいエフォートレスは、直訳すると「努力がいらない」。着てくつろげる、リラックス感がある装いを指す。女性用ならワイドパンツや長めのミモレ丈スカート、ロングカーディガンなどが代表的なアイテム。どれも体の線があらわにならず、活動的ながら優雅さも感じさせるデザインだ。

 あらゆる分野で多様化が進む現代は流行が見えづらい。筆者が潮目が動いたと感じたのは2014年春。パリコレクションのショーでシャネルやセリーヌといった有名ブランドが足元にスニーカーやスリッポンを採用した。カジュアルの代名詞のような靴をエレガントなスーツやドレスに合わせるのは少し前ならミスマッチだっただろうが、体の力を抜きたい現代女性には「朗報」だった。それから2年半、エフォートレスをテーマに雑誌が次…

この記事は有料記事です。

残り560文字(全文1034文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. テセウスの船 第6話“衝撃ラスト”に視聴者「ビックリ!」「気持ちの整理が…」(ネタバレあり)

  4. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  5. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです