メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現代デザイン考

エフォートレス 女性の体と心を解放する

 三つの「レス(less)」がファッションの世界を席巻して久しい。「シーズンレス」「ジェンダーレス」「エフォートレス」。1番目は「季節がない」、次は「性差がない」を意味する。つまり季節感や男女によるデザイン・素材の線引きが薄れ、おおざっぱに言えば「何でもアリ」が加速している。

 比較的耳新しいエフォートレスは、直訳すると「努力がいらない」。着てくつろげる、リラックス感がある装いを指す。女性用ならワイドパンツや長めのミモレ丈スカート、ロングカーディガンなどが代表的なアイテム。どれも体の線があらわにならず、活動的ながら優雅さも感じさせるデザインだ。

 あらゆる分野で多様化が進む現代は流行が見えづらい。筆者が潮目が動いたと感じたのは2014年春。パリ…

この記事は有料記事です。

残り710文字(全文1034文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  3. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

  4. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  5. 福島処理水問題 安全基準の「ずれ」埋めよ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです